Now Loading...

ブログカテゴリ:その他ジャニーズ

その他ジャニーズ

ジャニーズ事務所の創業者で数多くの男性アイドルを育て、7月9日に87歳で死去したジャニー喜多川さんのお別れの会が4日、東京都文京区の東京ドームで行われた。近藤真彦さんら所属タレントの他、和田アキ子さんやデヴィ夫人、かつて所属した郷ひろみさんら芸能関係者が多数参列した。

ドームのグラウンド内に幅数十メートルの大きな舞台が設置され、中央にサングラス姿のジャニーさんの遺影が飾られた。セレモニーではコンサートや舞台の映像と、タレントたちが「ジャニーさん、ありがとう」と呼び掛ける映像が流され、銀色のテープを特殊効果で会場に飛ばした。

共同通信より。

ジャニーさん、安らかに…。

その他ジャニーズ

満を持してのデビュー決定!話題のジャニーズJr. SixTONESが6人揃って9か月ぶりにViViに降臨! 今回はなんと特集8ページ+ピンナップ4ページ=計12ページの大ボリューム。

ViViとSixTONESとの関係は、メンバーの松村北斗くんが「国宝級イケメンランキング」2018年上半期・NEXT部門で突如2位にランクインしたところから始まります。ことイケメンの新星には目がないViViですが……、ジャニーズJr.のメンバーがランキング上位にランクインすることは異例中の異例。ViViはそれ以来、最注目グループとして彼らの動向を常に伺っていました。

「夜ロケをした前回の『夜明け間近の僕ら』に続き、2回目となる今回は都内某スタジオでの撮影+昼ロケを敢行。撮影日はあいにくの梅雨シーズンど真ん中、降水確率が70%という予報。ロケは厳しいかな、と半ばあきらめつつ外に出ると、雲の切れ間から光が。その後雨が一切ふること無く、無事にロケを終えることができました。“持っている”グループ、それがSixTONESなのだと再認識しました」(担当編集談)

取材当日はCDデビュー発表前だったため、気になる「デビュー」のことについては勿論、彼らのここまでの軌跡、日々熟成されていくメンバー同士の絆など、さまざまな話をしてくれました。デビュー決定前の、希望と不安が入り混じるなか語ってくれた彼らの等身大のインタビューはファン必見の内容です。

また、普段なかなか見ることのできない貴重なオフショットもふんだんに掲載! 京本くんの貴重な寝顔や、おにぎりにがっつく森本くん、撮影の合間にじゃれあう同級生コンビの松村くんと田中くん、ViViスタッフを笑わせようとおちゃらけてくれたジェシーくん、ファッションモデルばりのポージングを決めてくれた髙知くん、などなど。ViViが切り取った彼らの「素」をぜひご堪能ください! メンバー全員のショットが3パターン楽しめる豪華ピンナップも付いています。ぜひCDデビュー決定直後の記念に!これまで6人を支え続けてきたファンにとっても、これを機に好きになった人にとっても、永久保存版になること間違いナシです。

Jnews1より。

これは永久保存版!何冊買おうか…。

その他ジャニーズ

SixTONESとSnowManデビューしましたね!!

ほんとにうれしい!おめでとう!!

ずっと応援します!

その他ジャニーズ

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87)が、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血で救急搬送され、現在も入院していることが1日、分かった。
この日、東京・ソニーミュージック六本木ミュージアムで行われた嵐初展覧会の会見場で、ジャニーズ事務所が報道陣に発表した。先月18日に体調の異変を訴え、倒れたという。現在は病床で治療をしており、ジャニーズ事務所は「今もジャニーは必死に頑張っております」とした。
この日、展覧会に関する会見の前に、嵐のメンバーを代表して、松本潤(35)が口を開いた。「ご報告させていただきたいことがあります。6月18日に、弊社の社長、ジャニー喜多川が、病院に緊急搬送されました」と明かした。
「その報告を受けて、僕たちは、翌日19日に、5人でジャニーさんのもとにお見舞いに行きました。その後もそれぞれ時間がある時に、なるべくジャニーさんの病室に通っているような現状です。今はジャニーさんが1日も早く、元気に回復してくれることを祈っています」
言葉に力を込め、ジャニー氏の回復を祈った。「皆様には、今は静かに温かく見守っていただければと思っておりますので、何とぞ、よろしくお願いいたします」と伝え、5人で頭を下げた。また、「この後(展覧会の)会見ありますが、この話で暗い会見になるのは、ジャニーも望んでいないと思いますので、よろしくお願いいたします」と話した。
ジャニーズ事務所は、「2019年6月18日午前11時30分頃、体調の異変を訴え、救急搬送されたことから、現在、入院いたしております。病名は、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血でございます」と説明した。
ジャニー氏の入院後、近藤真彦(54)や嵐のメンバーをはじめ、ジャニーズJr.を含むほぼ全ての事務所所属タレントが見舞いに訪れたという。ジャニーズ事務所は「所属タレントたちは、ジャニーを元気づけたいという思いから、日々、病室を訪れておりますが、この面会がかなっておりますのも病院関係者の皆様のご尽力によるものと、心より感謝いたしております」と明かした。
親しい関係者によると、ジャニー氏は倒れる前日の先月17日まで、ジャニーズJr.が出演するライブイベント「ガムシャラ! サマーステーション」のリハーサルや、舞台の稽古現場を訪れ、積極的に指示を出したり、スタッフと打ち合わせをしたりしていたという。
ジャニーズ事務所は「皆様にはご心配をおかけいたしまして誠に恐れ入りますが、今もジャニーは必死に頑張っておりますので、治療に専念することを最優先とさせていただきたく、ご理解くださいますと幸甚に存じます」と伝えた。
この日は、グループ初の展覧会「ARASHI EXHIBITION JOURNEY 嵐を旅する展覧会」の会見も行われた。リーダー大野智(38)は「(デビューから)20年の重みを感じますよね。10年だとまた違うものになっていたと思う。20年やってきたからできたことじゃないでしょうか」と話した。
この日から11月30日まで5カ月間東京で開催し、大阪や福岡、宮城などに巡回する予定という。大野は「1人でも多くの方に来ていただきたいです」と笑顔を見せた。

ジャニーさんの復帰を願ってます。

その他ジャニーズ

もしジャニー氏の不在が長引けば、気になるのが次の経営体制。現在経営の実権を握る藤島ジュリー景子副社長が、これからの“新・ジャニーズ”を牽引していくはずだが――

「今回のジャニー社長入院以前から、ジュリー体制にはあまりにも多くの綻びが目立っていました。昨年にタレントを引退してまで、ジャニーズJr.約300人の育成を担う関連会社、ジャニーズ アイランド社長に就任した滝沢秀明と、ジュリーさんは関係がよくありませんからね。もともと“ジャニー派”として知られる滝沢は、ジュリーさんとは考え方が違うようです。また今年4月に報じられたとおり錦戸亮も事務所退社が噂されているし、長瀬智也も現体制に不満という情報が流れている。いずれにしても、ジャニーさんが不在となり、所属タレントたちがどのような動きをみせるのか、わからないんです」(芸能関係者)

そして、事務所の功労者ともいえるベテランタレントたちも例外ではないというのだ。

「今年に入ってからある古株の、事務所にとっては“功労者”ともいえるジャニーズグループのメンバーが事務所を去る、という噂が出ているのです。かつては事務所の顔ともいわれた人たちでしたが、ここ最近はメディア露出が激減。それはちょうど“ジュリー体制”に代わってから顕著になってきており、待遇も含めてそれを不服にしている、というもの。それが現実になったらグループは解散となり、一気に事務所のブランドイメージが崩れることになりかねない。ジャニーさんが不在となり、そう遠くないうちに事務所に激震が走るのは間違いないでしょう」(同)

ビジネスジャーナルより

盛り上がってるのか盛り下がってるのか、どっちなのジャニーズ…。